PAP mini (小型シリーズ)/空冷式

PAP01B / PAP01B-KJ
新製品PAP03C / PAP03C-KJ

supereco2
小型精密空調機/PAPmini/空冷式
小型精密空調機/PAPmini/空冷式

〈特注対応〉
■消音吸込ダクト ■循環用吸込チャンバー
■排気チャンバー ■小型チャンバーBOX
上記以外の仕様も製作いたしますので別途ご用命ください。

小型精密空調機/PAPmini/空冷式

製品仕様表

型式 PAP01B
(温度制御タイプ)
PAP01B-KJ
(温湿度制御タイプ)

設定可能温湿度範囲※1 ℃,% 18〜30 18〜30,45〜75
温湿度制御精度※2 ℃,% ±0.1 ±0.1,±1.0
冷却+加熱能力(50/60Hz)※3 kW 0.33/0.39 0.77/0.84
(最大冷却能力) (kW) (0.22/0.26) (0.37/0.44)
定格処理風量 m3/min 0.7〜1.0
最大機外静圧※4 Pa 120/130 120/160



周囲温湿度範囲(吸込空気)※1 ℃,% 15〜35,30〜70
吸込温度変化勾配 ℃/h ±1以内
吸込湿度変化勾配 %/h ±5以内
外形寸法(高さ×奥行×幅)※5 mm 346×500×412 765×620×390
製品質量 kg (32) (69)
制御空気吐出口 mm φ75 φ100

湿
水質 - 純水(電気伝導率1〜10μS/cm)
最大加湿能力※6 kg/h - 0.8
供給温度範囲 - 10〜40
接続口径 - Rc1/4



電源※7※11 V(Hz) 単相100±10%(50/60)
消費電力 kW 0.32/0.34 1.2/1.2
電流※8 A 4.0/3.9 13/13
電源容量※9 kVA 0.34/0.38 1.5/1.5
騒音値(50/60Hz)※10 dB 54/56 58/60
冷媒 R134a R407C
冷凍用圧縮機出力 kW 0.25 0.3
  1. 制御可能な温湿度範囲を表すものではありません。
    制御可能温湿度範囲は、吸込空気温湿度と処理風量により異なります。
    使用環境により処理風量を設定してください。
  2. 吸込空気温湿度安定時。吐出口 1 点。コントローラ表示値精度。定格最大風量時。
  3. 吸込(周囲)空気温湿度 30℃ 70%、処理風量 3m3/min 時。
  4. 送風機出口側の制御空気吐出側にて絞り、最大定格処理風量にて運転した時の機外静圧。
  5. 高さは吐出口含む。
  6. 仕様範囲内における最大加湿運転時。
  7. 電圧降下を防止するため、専用コンセントを設置してください。
  8. 仕様範囲内における最大値。
  9. 仕様範囲内における最大運転電流時。
  10. 消音ダクトを取り付けることにより、騒音値を下げることが可能です。
  11. 電源コード 2m(コンセント仕様)付属。

接続ダクトは必ず断熱ダクトを使用し、極力短くしてください。(推奨 3m 以内)

型式 PAP03C
(温度制御タイプ)
PAP03C-KJ
(温湿度制御タイプ)

設定可能温湿度範囲※1 ℃,% 18〜30 18〜30,45〜75
温湿度制御精度※2 ℃,% ±0.1 ±0.1,±1.0
冷却+加熱能力(50/60Hz)※3 kW 1.65/1.85 1.8/2.12
(最大冷却能力) (kW) (1.15/1.35) (1.2/1.42)
定格処理風量※1 m3/min 2.0〜4.0
最大機外静圧※4 Pa 110/150 110/150



周囲温湿度範囲(吸込空気)※1※5 ℃,% 15〜40,30〜70
吸込温度変化勾配 ℃/h ±1以内
吸込湿度変化勾配 %/h ±5以内
外形寸法(高さ×奥行×幅)※6 mm 1070×590×480 1350×680×520
製品質量 kg (95) (135)
制御空気吐出口 mm φ98

湿
水質 - 純水(電気伝導率0.1〜10μS/cm)
最大加湿能力※7 kg/h - 2.3
供給温度範囲 - 10〜40
接続口径 - Rc1/4



電源※8 V(Hz) 三相200±10%(50/60)
消費電力※9 kW 0.75/0.85 2.7/3.1
電流※10 A 3.8/3.8 11/12
電源容量※11 kVA 1.4 4.0
騒音値(50/60Hz) dB 64/65 65/66
冷媒 R410A
冷凍用圧縮機出力 kW 0.8 0.85
  1. 制御可能な温湿度範囲を表すものではありません。
    制御可能温湿度範囲は、吸込空気温湿度と処理風量により異なります。
    使用環境により処理風量を設定してください。
  2. 吸込空気温湿度安定時。吐出口 1 点、コントローラ表示値精度。定格処理風量 (3m3/min) 時。
    運転開始後、約 2 分間は冷凍機油戻し運転により一時的に温度が変動します。
    また、目標湿度が高い場合、加湿水給水のタイミングで前記の精度が維持できない場合があります。その場合は給水関連パラメータを調整することで、変動量を軽減することができます。
  3. 吸込(周囲)空気温湿度 30℃ 70%、処理風量 3m3/min 時。
  4. 処理風量 3m3/min 時。
  5. 使用可能周囲温湿度範囲の詳細は仕様書をお求めの上参照ください。
  6. 高さは吐出口含む。
  7. 使用範囲内における最大加湿運転時。
  8. 電源電圧の相間バランスは、±3% 以内としてください。
  9. 吸込(周囲)空気温湿度 30℃ 70%、処理風量 3m3/min、電源電圧 AC200V 時。
  10. 仕様範囲内における最大値。
  11. 仕様範囲内における最大運転電流時。

接続ダクトは必ず断熱ダクトを使用し、極力短くしてください。(推奨 3m 以内)