精密空調機器PAPシリーズの特長

ワイドレンジと温湿度の高精度制御を実現

設定温度に対して±7℃の吸込み温度に対応

ヒートポンプバランス制御により、冷媒レヒートでは実現不可能な設定温度と吸込温度の大温度差に対応。
(業界トップクラスの性能)
※周囲温度は15〜35℃の範囲
設定温度に対して±7℃の吸込み温度に対応

ワイドレンジを実現

ヒートポンプバランス制御・二流体ノズル水噴霧加湿方式(miniを除く)完全ヒータレス化。
温度設定範囲18〜30℃、湿度設定範囲40〜75%。 (湿度設定範囲が65〜75%の場合には蒸気加湿方式となります。 またmini の設定湿度範囲は45〜75%です。)

温度制御精度±0.1℃(負荷安定時)

温度制御可能範囲内全てにおいてオールフレッシュで吐出口±0.1℃を保証。 (センサケーブル10m・miniは5mを標準装備)

オールフレッシュ仕様

ダクト1本接続するだけの簡単工事。
用途に応じクリーンエアー(クラス100)を供給。(HEPAフィルタ付き機種)
循環空調にも使用可能です。